原忠順宛斎藤某書簡/A letter from Saitō to Hara Tadayuki| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HA125/原忠順文庫

原忠順宛斎藤某書簡/A letter from Saitō to Hara Tadayuki

解説(Description)

  • 日本語
  • English

追伸に、原峰子に対する礼の文言があり、差出人は、斎藤某となっているので、
後に峰子の義父となる斎藤茂介から原忠順へ出された書簡の可能性がある。
内容は、原家を突然訪問したにも関わらず、忠順と面会できたことへのお礼である。

A letter from Saitō to Hara Tadayuki

It is probably a letter to Hara Tadayuki from Saitō Mosuke who was the father-in-law of Hara Mineko after her marriage because the sender's name
is a certain Mr. Saitō and he expressed his thanks to Mineko. And he showed his gratitude for that he could meet Hara Tadayuki in spite of his
sudden visit.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

原忠順宛斎藤某書簡/A letter from Saitō to Hara Tadayuki

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る