渡辺甚吉宛原忠順書簡/A letter from Hara Tadayuki to Watanabe Jinkichi| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HA104/原忠順文庫

渡辺甚吉宛原忠順書簡/A letter from Hara Tadayuki to Watanabe Jinkichi

解説(Description)

  • 日本語
  • English

原忠順より渡辺甚吉(わたなべ じんきち:1856‐1925)へ宛てた挨拶状(控え)。
渡辺甚吉は、第十六国立銀行の創立者である。
原と同様、明治23(1890)年貴族院多額納税者議員に就任した。
なお、原忠順は61歳で死去するまで貴族院議員を勤めた。
渡辺の貴族院議員当選を祝う内容となっている。

Title: A letter from Hara Tadayuki to Watanabe Jinkichi

A copy of a greeting card from Hara Tadayuki to Watanabe Jinkichi (1856-1925). Watanabe Jinkichi is the founder of the 16th national bank.
He was appointed to a high taxpayer Councilor of the House of Peers in 1890 as with Hara. Hara Tadayuki worked as a member of the House of Peers
until he passed away at the age of 61. Hara offered his congratulations to Watanabe's success in the election of House of Peers.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

渡辺甚吉宛原忠順書簡/A letter from Hara Tadayuki to Watanabe Jinkichi

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る