明治十四年 當用日記簿/A journal for daily use, in 1881| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HA048/原忠順文庫

明治十四年 當用日記簿/A journal for daily use, in 1881

解説(Description)

  • 日本語
  • English

明治14(1881)年の原忠順の日記。
市販の日記帳を使っている。2月24日から記入されている。
ところどころに骨董品の購入メモがあるが、本人による記述かどうか不明。
この年は、5月に鍋島直彬が沖縄県令を辞任し、9月に原忠順が沖縄県大書記官を依願退官している。

Title: A journal for daily use, in 1881

A diary of Hara Tadayuki in 1881.
He used a store-bought journal. He started to write from February 24th, 1881.
There are some memorandums of the purchase of antiques, it is not sure, however, whether it was Hara himself who noted these notes.
In May of this year, Nabehima Naoyoshi who was the Prefectural Governor of Okinawa resigned from his post, and in September of the same year,
Hara Tadayuki who was the Senior Executive Secretary of Okinawa Prefecture voluntary retired from his position.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

明治十四年 當用日記簿/A journal for daily use, in 1881

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る