宮良殿内平面図/Floor plan of Miraya dounchi| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

269/宮良殿内文庫

宮良殿内平面図/Floor plan of Miraya dounchi

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。2丁。東京鹿島建設設計部員笹生満男製図。

本史料は1961年2月1日に作成された宮良殿内の平面図。宮良殿内は琉球貴族の屋敷の構えをほぼ完全に模した
建物で、近世琉球の文政二年(1819年)に建造された。途中瓦葺きから茅葺に改められたが、廃藩置県後、再び瓦
葺きに戻された。宮良殿内は1956年に重要文化財に指定され平面図も残されているが、本史料には1960年代に行
われた実測の結果などが記されており、宮良殿内の詳細についてよく分かる史料と言えよう。

This is a floorplan of Miyara Dounchi completed on 1 Febuary, 1961. Miyara Dounchi is a building that
is basically modelled on the houses of Ryukuan elites, and was constructed in 1819. During the years
the tiled roofs were once reverted back to hay roofing, but after the abolition of feudal domains and
establishment of prefectures it was once again changed back to tiles. Miyara Dounchi was declared as
an important cultural asset in 1956. Although other floorplans still exist, this particular one was drawn
up as a result of the survey that took place in 1960, and is a very important source in understanding
the details of Miyara Dounchi.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

宮良殿内平面図/Floor plan of Miraya dounchi

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る