兼題集/A collection of subjects for poems| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

262/宮良殿内文庫

兼題集/A collection of subjects for poems

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。71丁。

兼題とは 歌会・句会などで、前もって出された題のこと。句会・歌会の記録として、俳句・琉歌・短歌が収められ
ている。明治から大正にかけて活躍した歌人 大口鯛二、岸本賀雅などの名がある。沖縄の人によって作られた
俳句はあまり残っていないので、珍しい。

Kendai refers to the subject chosen for poetry parties. As a record for such parties, a variety of haiku,
ryuka and tanka were listed, some of which include the works of Ooguchi, Taiji and Kishimoto Gaga
who were popular poets throughout the Meiji and Taisho eras. This document is very rare as there are
not many haikus left that are written by Okinawans.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

兼題集/A collection of subjects for poems

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る