日誌/A diary| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

261/宮良殿内文庫

日誌/A diary

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。7丁。23.5×15.6cm。芭蕉紙。光緒2(1876)年御在番依招註時。破損。

1876(光緒2)年に作成された在番を招待した際の日記。筆者は「松茂氏宮良親雲上」(まつもしみやらぺーちん)。
内容に関しては、欠損が多いので詳細は不明だが、宮良親雲上が八重山在番を招きもてなす際に、各村に掃除
人を負担させたことなどが記載されている。

A diary regarding the reception banquet for Zaibans written in 1876 by Peechin Matsumo Miyara.
As there were many missing or damaged parts the details of the contents are difficult to determine.
However there were records that when Peechin Miyara hosted one of these banquets in Yaeyama
he allocated cleaning responsibilities to various villages.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

日誌/A diary

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る