稽古案文並万書付集/Exercise book on how to write Administrative documents and a collection of letters| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

252/宮良殿内文庫

稽古案文並万書付集/Exercise book on how to write Administrative documents and a collection of letters

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。42丁。26.2×19.9cm。楮紙。同治11(1872)年。

史料中に長栄氏桃原与人信守(ちょうえいし とうばるゆんちゅ しんしゅ)が那覇の桃原筑登之(ちくどぅん)より伝え
受けた書状集であることが記されている。薩摩への上国(じょうこく)使者である義村王子、江戸立(えどだち)使者の
浦添王子から尚穆王宛へ勤めを終え帰国する旨を伝える書簡、亡父への弔文・香典を給わったことへのお礼状、進
上物の進呈に関する書翰、渡唐(ととう)役人の復命書、中山王より薩摩藩主宛の書簡案など、多様な書簡文例
が収められている。後欠の史料である。

According to the text itself, this collection of letter was given to the Yunchu Chouei Tobaru Shinshu by
Toubaru Chikudoun from Naha. There is a wide variety of letters, including the ones from the Envoy to
Satsuma- Prince Yoshimura and Edodachi Envoy Prince Urasoe to King Shou Boku notifying him of the
completion of their duties and their intentions of returning. Furthermore, there were also letters from the
King of Chuuzan to the feudal lord of Satsuma etc. The latter half is missing.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

稽古案文並万書付集/Exercise book on how to write Administrative documents and a collection of letters

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る