稽古書面集/Exercise book on how to write Administrative documents| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

251/宮良殿内文庫

稽古書面集/Exercise book on how to write Administrative documents

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。36丁。楮紙。咸豊8(1858)年。

光緒11年(1885)11月に松茂氏當昭(まつもしとうしょう)によってまとめられた案文集である。前半部については、
村の青年達が新川与人當意(あらかわゆんちゅ とうい)より学問を受けた際に、當意の選んだ書物から筆写した
と記録されている。内容は問答形式の文書や口上覚(こうじょうおぼえ)の案文、書簡例文等である。発問の例と
して、文談(ぶんだん)稽古を奨励するための文章を考えよ、蘇鉄(そてつ)・棕櫚(しゅろ)の手入れを入念にすべき
であるとする相応の理由を在番(ざいばん)から村役人に申し渡すことを想定して考えよ、といった問題等を挙げてい
る。また、王府より命ぜられた綿子の上納について免除を請う口上覚などもある。

This is a collection of draft papers put together by Matsumo, Toushou in 1885. The first half wrote about
how the youths from the village learnt from the Arakawa Yunchu- Toui, and hand-copied the texts he
chose for them. The document consisted of texts written in the form of questions and answers,
memorandum drafts and sample letters, etc. For example, one of the questions raised was what texts
would encourage literary practice.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

稽古書面集/Exercise book on how to write Administrative documents

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る