稽古案文並万書付集/Exercise book on how to write Administrative documents and a collection of letters| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

250/宮良殿内文庫

稽古案文並万書付集/Exercise book on how to write Administrative documents and a collection of letters

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。46丁。當意。

同治11年(1872)、松茂氏當意(まつもしとうい)によって筆写された案文集である。前半部は在番筆者(ざいばん
ひっしゃ)吉元親雲上(よしもとぺーちん)の稽古案書を筆写したことが記録されている。焼酎の製造・売買の禁止、
村敷替(むらしきかえ)(集落の移動)に関する注意、漢文・官話の稽古の奨励など王府からの通達や地方から王
府への口上覚などが含まれている。後半の諸書付は、八重山の役人から王府に宛てた文書、本島士族へあてた
書状などで、大風による風害のため、上納物の上納延期を申請する内容、作物の被害状況を報告する内容等
が記されている。

This is a collection of drafts handwritten by Matsumo, Toui in 1872. The first half is a copy of the exercise
drafts from the Zaiban Hissha Peechin Yoshimoto. This included details on the prohibition on buying,
selling and making Shochu, warnings and observations on the movements of villages, the Government's
encouragement on the practicing of Chinese and formalised language etc. The latter half contained letters
from Yaeyama officials to the Shuri Government and mainland Okinawa elites, application for the extension
in tax payments due to the effects of strong winds, as well as reports on the damage on agricultural products,
etc.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

稽古案文並万書付集/Exercise book on how to write Administrative documents and a collection of letters

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る