丑年飛船便より御國元旦那御方之書状地案/(Please see the English description for the English title)| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

244/宮良殿内文庫

丑年飛船便より御國元旦那御方之書状地案/(Please see the English description for the English title)

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。32丁。當宗。「子年御國元旦那御方之書状地案」あり

崎山与人であった松茂氏當宗の手による書状案。同治4(1865)年作成かと思われる。沖縄本島在住の士族へ
の書状をまとめたもの。実際に送付したかは不明ではあるが、一度の船便で送るはずであった書状であると思われる。
ご機嫌伺いである書状から、贈答品のお礼書状など、内容は多岐にわたる。送り先も浜比嘉親方など多人数であ
る。松茂氏當宗からの贈答品として「胡麻」、「手拭」などを贈っている。 また、ここには松茂氏當宗が残した「子年
御國元旦那御方之書状地案」も含まれる。同治3(1864)年に、沖縄本島の士族に送った書状案である。前文書
と同じ性格の史料である。

Title: Ushidoshi hisen yori okunimoto dannaonkata no shojou jian
(Draft letters to elites in mainland Okinawa in the year of the Cow).

Draft letters from Matsumo, Tousou, who was the Sakiyama Yunchu(position). Probably written in 1865,
these letters were addressed to elites from mainland Okinawa. Although its uncertain whether these were
actually posted out, it appears that the letters were intended to be posted in one go. The contents
varied from general greetings to letters of thanks. There were also multiple addressees such as Oyakata
Hamahiga. Matsumo Tousou has been sending sesame and hand towels as gifts. Also includes the drafts
he sent to the elites of mainland Okinawa titled Nedoshi okunimoto dannaonkata no shojoujian.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

丑年飛船便より御國元旦那御方之書状地案/(Please see the English description for the English title)

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る