御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

242/宮良殿内文庫

御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。13丁。辰年。當宗平得与人。

松茂氏當宗によって綴られた書状の草案集。宛先は沖縄本島の士族であり、筑登之親雲上(ちくどぅんぺーちん)
から親雲上・親方クラスまで様々である。内容は、ご機嫌伺いや進上物の進呈、返事・物品を頂いたことに対する
お礼、任職にかかる祝儀などが多数を占める。例えば渡久山親雲上御取次衆宛の書状には、渡久山の地頭職
任職に対する祝儀、与那原親方御取次衆宛の書状には与那原が中国より無事帰国したことについての祝儀が
述べられている。

A collection of draft letters put together by Matsumo, Tousou. The letters were addressed to mainland
Okinawa elites, whose ranks ranged from Chikudoun Peechin to Peechin and Oyakata. The contents
were mostly greetings, congratulations for promotions, the receipt and giving of gifts and thanks for
the gifts received etc. For example, a congratulatory letter was sent to Peechin Tokuyama for his
appointment as Tokuyama Jitou; and the letter to Oyakata Yonabaru congratulated his safe return
from China.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る