御国元檀那御方江書状追啓地案/Draft letters to the Leaders| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

240-1/宮良殿内文庫

御国元檀那御方江書状追啓地案/Draft letters to the Leaders

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。10丁。光緒元亥(1875)年。宮良親雲上。「御国元檀那御方江書状追啓地案」あり

松茂氏當親(まつもしとうしん)によって綴られた、沖縄本島士族宛の書状草案集である。内容は、ご機嫌伺い、
上国(じょうこく)中に懇意にしていただいたことに対する謝礼、任職・昇進に対する祝儀等のものから、昇位や昇進
を請願する八重山島役人の覚などである。また「光緒元亥年御国許旦那御方江書状追啓地案」があり、天久
親雲上(あめくぺーちん)宛の書状には、親族の死去に対するお悔やみ、誂え馬の輸送、上国役人が漂流した際の
補助金支給に対する謝礼など様々な案件が綴られている。牛痘の申請に関する書状も含まれ、さらに「同治十四
乙亥年仕立毎年御国許旦那御方江書状追啓地案」が合冊されている。

This is a collection of draft letters addressed to the elites on mainland Okinawa put together by Matsumo, Toushin.
The contents ranged from greetings, letters of thanks for their kind hospitality during his visits to mainland
Okinawa, congratulatory letters for promotions as well as memorandums of requests for promotions of title and
position. Furthermore, there was also a letter of condolence to Peechin Ameku, as well other reports on the
transportation of horses, the reward to be given for the assistance payment given to officials that shipwrecked
on their way to the mainland etc. A request for cow pox was also found.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御国元檀那御方江書状追啓地案/Draft letters to the Leaders

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る