御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

239/宮良殿内文庫

御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。25丁。光緒(1878)9年。宮良親雲上。

光緒4年(1878)に宮良親雲上(みやらぺーちん)によってまとめられた、沖縄本島士族宛の書状草案集。4点の
書状のうち2点は天久親雲上(あめくぺーちん)宛のものである。天久の泊地頭任職に対する祝儀、贈答品に関
して述べた書状と共に、追啓として、天久親雲上の子にあたる天久仁屋が仮若文子(かりわかてぃくぐ)になったこ
と、王府に提出する「勤職帳(つとめしょくちょう)」には「向」を冠する氏名(うじな)を申請する内容が記されている。
なお、天久親雲上は1860年に八重山に来島した検見使者(けんみししゃ)の向氏天久朝標(しょううじ あめくちょ
うひょう)であると考えられ、八重山には、朝標の子を始祖とする「向栄」姓がある。

This is a collection of draft letters addressed to the elites on mainland Okinawa put together by Peechin
Miyara in 1878. Two out of the four letters were addressed to Peechin Ameku. One was a congratulatory
letter for his appointment as Tomarijitou, and as in the postscript there were mentions of Peechin Ameku's
son- Ameku Niya becoming a Wakateikugu. The letters also had records of his application for a title that
crowns the name Shou in the employment record to be submitted to the Shuri Government. Peechin Ameku
is thought to be the Ameku, Chouhyou of the Shou family, who came to Yaeyama in 1860 as a Kenmishisha,
and in Yaeyama there are people with the last name Shouei who believes Chouhyou is their ancestor.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る