御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

238/宮良殿内文庫

御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。14丁。同治8(1869)年。惣横目平得与人。

光緒4(1878)年の宮良親雲上(みやらぺーちん)による書状案。沖縄本島の士族への書状を綴ったものである。
「飛船便」(ひせんびん)と呼ばれた緊急便で運ばれた書状だと思われる。史料は後欠である。書状案には天久親
雲上(あめくぺーちん)宛ての書状で、ご機嫌伺い、泊地頭への就任祝い、贈答品への謝礼、宮良親雲上からの
贈答品を送る旨などについて記されている。

Draft letters to the elites of mainland Okinawa by Peechin Miyara in 1878. These were most probably
express-delivered by the Hisenbin. The latter half is missing. The contents include a letter to Peechin
Amegu with Peechin Miyara's greetings, his congatulations on being appointed as the Tomarijitou, his
thanks for the gifts as well as his gifts in return etc.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る