御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

235/宮良殿内文庫

御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。5丁。同治2(1863)年。

同治2(1863)年に作成された松茂氏當宗から沖縄本島の士族宛てに出された書状の草案。冒頭に記載されて
いるように早便である「飛船」にて運送された。宛先は、譜久山親方・濱比嘉親方・天久親雲上である。譜久山
親方・濱比嘉親方へはご機嫌伺いの書状と書状お礼二通送っており、天久親雲上には、田地奉行就任祝儀と
して書状を認めている。天久親雲上は前年に八重山島から沖縄本島に帰っており、関係性の深さを物語る。天
久親雲上との関係は不明であるが、書状中に蒲戸なる女性が無事男児を出産したことが記載される。

Matsumo, Tousou's draft letters addressed to elites of mainland Okinawa in 1863. As written at the
beginning, these were express posts delivered via hissen (fast boat). The addressees were Oyakata
Fukuyama, Oyakata Hamahiga and Peechin Ameku. Greeting letters and two letters of thanks were
sent to Oyakata Fukuyama and Hamahiga, while a letter congratulating the inauguration as denchibugyou
was sent to Peechin Ameku. Furthermore, as Peechin Ameku just returned to mainland Okinawa last
year from Yaeyama, the letter also revealed their personal friendship. The letter also wrote of the safe
birth of a boy by a woman named Kamado, although its relationship with Peechin Ameku is unknown.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る