御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

234/宮良殿内文庫

御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。12丁。25.8×18.9cm。楮紙。咸豊11(1861)年。

咸豊11(1861)年に沖縄本島へ出された書状案。宮良殿内文庫内の類 似の史料と同様に、松茂氏と沖縄本島の
士族との交際関係が伺える。内容を大別すると、挨拶状、御礼状、返信などである。挨拶状の中には、中国から帰国
した 役人へ宛てたものもある。なかに贈答品を「進上」している書状も散見でき、松茂氏側からの贈り物には「胡麻」、
「縮手拭」などが見える。

Draft letters that were posted to mainland Okinawa in 1861. Similar to other sources in the Miyara-Dounchi
library, these letters demonstrate Matsumo's social relationships with the elites of mainland Okinawa. The
contents can be roughly broken down to greeting letters, letters of thanks and replies etc. Amongst the
greeting letters there was one addressed to an official who returned from China. There were also letters
listing the presents Matsumo sent, which included sesame and towels.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御国元檀那御方江書状地案/Draft letters to the Leaders

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る