慶来慶田城由来記(けらいけだぐすく・ゆらいき)/The History of Keraikedagusuku| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

227/宮良殿内文庫

慶来慶田城由来記(けらいけだぐすく・ゆらいき)/The History of Keraikedagusuku

解説(Description)

  • 日本語
  • English

成立年未詳(1770年代頃)。写本。縦28cm×横20cm。20丁。

八重山士族・錦芳氏の事跡を, 初代の慶来慶田城用緒(西表首里大屋子)から10代目の用州(古見目差) まで
まとめたもの。初代用緒が,西表外離島を発祥とする由来譚から始まり, 代々の人物とその当時のできごとが,例え
ば, 宮古の首長(豊見親)による八重山支配・阿蘭陀船の漂着・農耕儀礼・年貢・ 夫遣い・造船・大津波等と絡
めて記述されている。年代の明確な事象は, 乾隆36(1771)年の八重山大津波である。明確な年代記ではないた
め, 記述された事象を厳密に特定することは困難なものが多い。 しかし,八重山社会史を知る上では貴重な史料
である。 翻刻・口語約・語注が『石垣市史叢書1』(石垣市役所,1991年)に収録されている。

A summary of the history of the Kinpou line of Yaeyama elites from the first generation of Keraikedagusuku
Youcho (Iriomote Shuri Ooyako) to the tenth generation of Youshuu (Mezashi Komi). Beginning with the
story that the first generation of Youcho originated from Iriomote Island, the text has records of many
characters and their stories at the time. For example, the rule of Yaeyama under the Chief of Miyako
(Touimiya), the arrival of Dutch ships, cultivation rites, annual tribute taxes, the building of ships and records
of tsunamis etc. The event with a confirmed date is that of the Yaeyama Tsunami in 1771. As this is not a
clearly dated text, it is difficult to determine the details of the events recorded. However, this is a very
important document for understanding the Yaeyama society at the time. The reprint, summary and annotations
can be found in Ishigakishishi sousho (Ishigaki City Office, 1991).

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

慶来慶田城由来記(けらいけだぐすく・ゆらいき)/The History of Keraikedagusuku

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る