古記録(雑2号)/Ancient Records (Miscellaneous volume II)| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

217/宮良殿内文庫

古記録(雑2号)/Ancient Records (Miscellaneous volume II)

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。3丁。

本史料は二つの史料で構成されている。はじめに「定」と題された史料には「蝋」や「黒次小縄」、「布切」などの物品が
米に換算して記載されている。「酉七月十日」と記されているが作成年は不明である。「新川与人」(あらかわゆんちゅ)
から「宮良仁屋」(みやらにや)に出されている。二つ目の史料は、前欠・後欠である。乾隆年間(けんりゅうねんかん)に
八重山へ首里から派遣されてきた役人(筆者、在番)の死亡年月日が記載されている。乾隆38(1773)年8月12日に
死亡した「筆者」(ひっしゃ)の西平筑登之親雲上(にしひらちくどぅんぺーちん)から乾隆53(1788)年8月29日に死亡し
た高江洲筑登之親雲上(たかえすちくどぅんぺーちん)まで確認できる。作成年不明。

This text has two components. The first one was titled Regulations and is related to the conversion of
goods such as wax, Kurodsugi ropes and pieces of fabrics etc into rice. The text was dated 10 July,
Year of the Cock, but the specific year could not be determined. This was submitted by Yunchu Arakawa
to Miyara Niya. The second component is missing the begining and the end. This is a record of the
dates of death of all the officials (Hissha, Zaiban) dispatched to Yaeyama from Shuri during the Kenryuu
Period. The records from the death of the Hissha Peechin Nishihira Chikudoun on 12 August, Kenryuu 38
(1773) to the death of Peechin Takaesu Chikudoun on 29 August, Kenryuu 53 (1788) were confirmed.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

古記録(雑2号)/Ancient Records (Miscellaneous volume II)

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る