書簡/A letter| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

213/宮良殿内文庫

書簡/A letter

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。5丁。

宮良仁屋・宮良親雲上から宮良仁屋などに宛てられた書状。内容は前欠ではあるが、漂流時の状況についてのもの
であると思われる。漂流中は食事ができず、水ばかりを飲み、方向を失っていることが記される。また、普天間権現を
はじめ、首里・那覇八重山のの寺社・御嶽、先祖、「天」などに無事を祈っている。どうにか瀬底島を発見して本部に
近づくも、本部は那覇まで離れていたため、那覇まで渡航したとある。

Letter from Peechin(rank) Miyara Peechin and others to Niya(rank) Miyara and others. Although the
beginning was missing, this was probably a letter about their situation drifting at sea. It is written that
they lost their directions and could only drink water with nothing to eat. They prayed to various temples
in Shuri, Naha and Yaeyama; as well as Futenma Shrine, Utaki (a sacred place), their ancestors and ten
(the Heavens). They tried to look for Sesoko Island in order to get to Motobu, but in the end missed
Motobu and sailed straight to Naha.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

書簡/A letter

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る