仕上世座・所遺座・米精算報告書/A statement report on rice| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

198/宮良殿内文庫

仕上世座・所遺座・米精算報告書/A statement report on rice

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。1丁。明治24(1891)年。筆者は大浜仁屋・宮良仁屋。

本史料は明治二十五年(1892年)に八重山島蔵元によって作成された仕上米(しのぼせまい)と所遣米(ところづかいまい)
の精算報告書。書き手は杣山筆者(そまやまひっしゃ)の大濱仁屋と宮良仁屋(みやらにや)で宛先は不明。仕上米とは両
先島の場合、薩摩へ上納する貢米と首里王府へ上納する貢米の二つを示し、所遣米とは宮古・八重山の蔵元の経費に
充てられるものである。本史料は八重山島の精算報告書で、1892年当時の八重山での租税徴収量などが窺える史料と
言えよう。

This is a statement report on Shinobosemai and Tokorodsukaimai constructed by the Yaeyama Kuramoto
in 1892. The writers were the Somayama Hisshas (writers for government forests) Oohama, Niya and
Miyara, Niya, but the addressee is unknown. Shinobosemai refers to the tribute rice that has to be paid
to Satsuma and the Shuri Government; while the tokorodsukaimai refers to the rice bought with the funds
from the Miyako and Yaeyama Kuramoto. This is a report on Yaeyama that reveals the amount of taxes
collected at the time in 1892.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

仕上世座・所遺座・米精算報告書/A statement report on rice

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る