宮古・八重山上布等の軽減陳情書/Petition to alleviate tax burdens in Miyako and Yaeyama| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

197/宮良殿内文庫

宮古・八重山上布等の軽減陳情書/Petition to alleviate tax burdens in Miyako and Yaeyama

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。4丁。草案,頭役連名。

宮古・八重山で製造する「細上布」のことについて、納税分とは別に新たに製造するようにと、織り方まで指導する
ために宮古・八重山まで渡島しようとする薩摩役人と薩摩商人に関する文書。王府側は、首里・那覇に滞在して
いる宮古・八重山両地域の地方役人に対し、この件について相談するようにと命令している。結果として、薩摩側
からの指導が入ることは、反物製作に差し障りがあるということで断っていることが分かる。

Documents regarding the Satsuma officials and businessmen who were proposing to visit
Miyako/Yaeyama to persuade them to weave extra Hosojoufu on top of the amount required for taxation,
as well as teach them new methods of weaving. They ordered the officials from Miyako and Yaeyama who
were staying in Shuri/Naha to discuss the matter. The result was that Satsuma's proposal was rejected
on the grounds that their teachings of new methods would interfere with current production.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

宮古・八重山上布等の軽減陳情書/Petition to alleviate tax burdens in Miyako and Yaeyama

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る