証文/Deed| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

196/宮良殿内文庫

証文/Deed

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。2丁。25.3×57.8cm。楮紙。同治12(1873)年9月3日。
同治12年(1873)の屋敷売渡しの証文。石垣島宮良(ミヤラ) 村の耕作筆者(コウサクヒッシャ)の西表仁屋(イリオモ
テニヤ)なる人物が、所有する屋敷を売却したことを示す証文である。証文中に登場する同じく宮良村 の仮若文子である西
表仁屋が保証人であると考えられ、また断定はできないが、宛名に記されている蔵元役人の若文子(ワカティクグ)石垣仁
屋(イシガキニ ヤ)が、売却相手である可能性が高い。西表仁屋は、借金返済のため家を売却しようとしたが、近年は八重
山全体が困窮しており、買い手がつかなかったことを 記している。

A contract indicating the sale of a property in 1873. The documents show that Iriomote Niya, who was a
Kousaku Hissha (writer for cultivation) for Miyara Village on Ishigaki Island has sold his house. Another
Iriomote Niya, who was employed as the Kariwakateikugu in the same village, was his guarantor. Although
not confirmed, it is highly likely that the addressee Ishigaki Niya, who was a Wakateikugu of the Kuramoto
was the buyer. It seems that Iriomote Niya sold his house to repay his debts but according to the records,
Yaeyama was under poor economic conditions at the time and buyers were scarce.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

証文/Deed

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る