(両先島沿海試漁の願書)/Application for trial fishing along the coasts of Miyako and Yaeyama Islands| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

194/宮良殿内文庫

(両先島沿海試漁の願書)/Application for trial fishing along the coasts of Miyako and Yaeyama Islands

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。7丁。26.5×20.1cm。楮紙。明治20(1887)年9月12日。

本史料は、名護良岡(なごりょうこう)の宮古・八重山において試漁を行いたいという申請書と許可書及びその他の関連
史料である。尚典(しょうてん)の「家従」(かじゅう)である名護良岡(なごりょうこう)が一連の申請、折衝に当たっている。
沖縄県知事の福原実(ふくはらみのる)が許可しており、許可の下りた後、名護は八重山島役所長の西常央(にしつね
お)と八重山島蔵元(くらもと)の頭(かしら)であった宮良當宗(みやらとうそう)と石垣賢美(いしがきけんび)に対して試
漁を行うことを報告している。対象となっている海産物はフカヒレ、ナマコ、貝類である。明治20(1887)年9月から11月ま
での書状で構成されている。

Includes Nago, Ryoukou's application and permit for trial fishing in Miyako and Yaeyama, as well as other
related documents. Nago, Ryoukou was a steward of Shou, Ten and his series of applications were under
negotiation. After gaining permission from the Governor of Okinawa Prefecture (Fukuhara, Minoru), Nago
reported his intention of trial fishing to Nishi, Tsuneo (Head of the Yaeyama Public Office); Miyara, Tousou
and Ishigaki, Kenbi (both Kashira of the Yaeyama Kuramoto). The targeted seafoods were shark fin, sea
cucumber and shellfish. The various documents were dated from September to November 1887.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

(両先島沿海試漁の願書)/Application for trial fishing along the coasts of Miyako and Yaeyama Islands

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る