沖縄集/Okinawa Collection| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HW569Ac-1/阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)

沖縄集/Okinawa Collection

解説(Description)

  • 日本語
  • English

『沖縄集』は、宜湾朝保編の和歌集。大阪の弘済堂相屋九兵衛の書肆より明治3(1870)年9月出版。木版。沖縄の和歌集として初めて
出版された本である。序文は朝保の師である八田知紀が書き、跋文は歌友の樺山資雄が書いている。内容は、沖縄の歌人36人(沖縄
三十六歌仙)の歌を1首ずつ掲載している。

(2017年4月7日更新)

Title:Okinawa shū (Okinawa Collection).

Okinawa shū is an anthology of waka poems edited by Giwan Chōho. A bookstore of Kōsaidō Sōya Kyūbē in Ōsaka published it in September 1870. Woodblock printed. It was the first time that the collection of waka poems composed by Okinawan poets was published. Hatta Tomonori who was a teacher of Chōho wrote the introduction, and Kabayama Sukeo who was a friend of Chōho wrote the epilogue. It contains 36 poems composed by the 36 Major Poets of Okinawa(Okinawa Sanjūrokkasen) .

(Updated on April 7, 2017)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

沖縄集/Okinawa Collection

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る