沖縄集二編 下/Okinawa collection, vol. 2| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HW570(2)/阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)

沖縄集二編 下/Okinawa collection, vol. 2

解説(Description)

  • 日本語
  • English

宜湾朝保編。外題「沖縄集二編 下」。弘済堂相屋九兵衛書肆の版本ではなく、明治9(1876)年和歌山県士族の音無盛臣によって出版されたものである。HW570(1)の続き。  
幕末から明治初期に掛けて活躍した歌人で、宮内省歌道御用掛をつとめた渡忠秋(わたり・ただあき)の後書きがある。 
奥付によると、109人の歌人が1439首の歌を寄せたと記されている。

(2017年4月25日更新)

Title:Okinawa shū nihen ge (Okinawa collection, vol. 2).

Edited by Giwan Chōho. The title on a cover page is "Okinawashū nihen ge." This book was not published by the Bookstore, Kōsaidō Aiya Kyūbē, this is a book which was published in 1876 by Otonashi Seishin, a Shizoku(a descendant of a Samurai) of Wakayamaken. A sequel to HW570(1).
There is a postscript by Watari Tadaaki who was a successful poet from the end of the Tokugawa shogunate to early Meiji Period, and was a Kunaishō Kadō Goyōgakari(a tanka poetry commissioner of the Imperial Household.)
On the colophon, there is a note that 109 poets contributed 1,439 poems in total.

(Updated on April 25, 2017)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

沖縄集二編 下/Okinawa collection, vol. 2

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る