外蕃容貌図画 乾/Drawings of the Appearance of Foreigners vol. 1| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HW550(1)/阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)

外蕃容貌図画 乾/Drawings of the Appearance of Foreigners vol. 1

解説(Description)

  • 日本語
  • English

幕末に刊行された諸国の人物図集。田川春道(たがわ・はるみち)撰とされる。画は倉田東岳(くらた・とうがく)による。嘉永7(1854)年成立。               
同書によせる異国人への関心の高さから、鎖国の時代からペリーの黒船来航(1853年)、日米和親条約締結(1854年)による開国という衝撃的な出来事が、
いかに当時の社会に大きな影響を与えたかがうかがえる。同種の図集としては、本書に先行し、享保 5(1720) 年に西川如見が『四十二国人物図説』を出版
している。HW 550(2)とセットである。

(2017年4月25日更新)

Title:Gaiban Yōbō zue ken (Drawings of the Appearance of Foreigners vol. 1).

It is a collection of portraits of various countries, issued in the end of Edo period. It is considered that Tagawa Harumichi was the author. Illustrated by Kurata Tōgaku. Completed in 1854.
Following the high interest in foreigners with regards to this book, we can see how big influence they had on the society of that time, from the national isolation policy to the Perry's Expedition (1853) and the conclusion of the Treaty of Kanagawa (Treaty of Peace and Amity between the United States and Japan, 1854).
Nishikawa Joken published Shijūnikoku jinbutsu zusetsu in 1720 as the same collection of illustrations preceding Gaiban Yōbō zue. This book is a pair of HW550(2).

(Updated on April 25, 2017)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

外蕃容貌図画 乾/Drawings of the Appearance of Foreigners vol. 1

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る