沖縄風俗図会/Okinawan customs graphic| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HW548/阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)

沖縄風俗図会/Okinawan customs graphic

解説(Description)

  • 日本語
  • English

雑誌『風俗画報』の臨時増刊号(第117号)。琉球・沖縄の歴史や風土、習俗、方言等をイラストレーション付きで解説している。
明治29(1896)年6月28日に東陽堂で発行された『風俗画報』のシリーズものの一つ。                  
 同シリーズはわが国最初のグラフ雑誌で、明治22(1889)年~大正5(1916)年まで518冊以上を刊行、近世・近代を代表する
グラフィック百科事典と称されている。挿絵を描いた石塚空翠(いしづか・くうすい)、名和永年(なわ・ながとし)は、明治時代の浮世
絵師・版画家。『風俗画報』臨時増刊「日清戦争図会」では戦争画を描いた。生没年については、どちらも不詳。

(2017年4月25日更新)

Title:Okinawa fūzokuzue (Okinawan customs graphic).

An extra edition of the magazine Fūzoku gahō (No.117). There is a description of history, climate, customs and dialect of Ryukyu and Okinawa with illustrations. This is one of the series of Fūzoku gahō which was issued in June 28th, 1896, by Tōyōdō.
This series is the first photographical magazine in Japan and it was issued more than 518, between 1889 and 1916, it is so called graphic encyclopedia representing the early modern times and the modern times. Ishizuka Kūsui and Nawa Nagatoshi who drew illustrations on this magazine were Ukiyoe artist and Printmaker. They drew Military arts in "Nisshin Sensō zue" with the special edition of Fūzoku gahō. The years of thier birth and death are unknown.

(Updated on April 25, 2017)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

沖縄風俗図会/Okinawan customs graphic

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る