第一尚姓 尚巴志王統早解り/Easy Guide to the Dynastic Line of the First Shō, Shō Hashi| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HW536/阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)

第一尚姓 尚巴志王統早解り/Easy Guide to the Dynastic Line of the First Shō, Shō Hashi

解説(Description)

  • 日本語
  • English

昭和12(1937)年3月28日、著者の神村朝儀によって発行された私家本(ガリ刷り)。
著者は、昭和25(1950)年東京で創刊された総合雑誌『THE OKINAWA おきなわ』の編集・発行を担当した神村朝堅の叔父にあたる
(酒井直子「随想 回想-笑顔の父・神村朝堅」『『おきなわ』解説・総目次・索引』不二出版 2016年:P.46)。酒井の随想によると、
神村家は第一尚氏(浦添王子朝満)の子孫である。本書の内容は、第一尚氏の歴史や説話を収録したもので、著者の出自が若干の影響
を与えたと想定される。

(2017年4月24日更新)

Title:Daiich Shōsei Shō Hashi Ōtō Hayawakari
(Easy Guide to the Dynastic Line of the First Shō, Shō Hashi).

This mimeographed book is a private edition written and issued by Kamimura Chōgi in March 28th, 1937. The author was an uncle of Kamimura Chōken who took charge of edition and publication of a general-interest magazine THE OKINAWA which was started in Tōkyō in 1950 (Sakai Naoko"Zuisō Kaisō-Egao no chichi/Kamimura Chōken"Okinawa Kaisetsu/Sōmokuji/Sakuin"Fuji shuppan 2016:P46). According to Sakai's essay, the Kamimura family is a descendant of the first Shō Dynasty (Urasoe Ōji Chōman). This book contains the history and narrative of the first Shō Dynasty, it seems that the author's origin a little bit affected its contents.

(Updated on April 24, 2017)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

第一尚姓 尚巴志王統早解り/Easy Guide to the Dynastic Line of the First Shō, Shō Hashi

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る