琉球神道記 一・二・三/Account of the Ways of the Gods in Ryūkyū, vol. 1,2,3| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HW532c-02(1)/阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)

琉球神道記 一・二・三/Account of the Ways of the Gods in Ryūkyū, vol. 1,2,3

解説(Description)

  • 日本語
  • English

『琉球神道記』巻第一・第二・第三収録。弁蓮社袋中(べんれんじゃ・たいちゅう)著。
表紙に「西荘文庫」の印記があり、阪巻・宝玲文庫となる以前は、関西の豪商で蔵書家であった小津桂窓(おづ・けいそう:1804-1858)の蔵書
であったことが示されている。同文庫は同書の初版本として慶安元(1648)年刊行された。神道・仏教の教義や説話について記されている。
出版は、丹波の武士、村上浄徳(初代村上勘兵衛)が創業した書籍商、村上平楽寺である。袋中については、HW754などの資料解説も参照されたい。

(2017年4月24日更新)

Title:Ryūkyū Shintōki ichi・ni・san (Account of the Ways of the Gods in Ryūkyū, vol. 1,2,3)

Including Ryukyu Shintōki vol.1, 2 and 3. Written by Benrenja Taichū. There is a stamp of "Seisō bunko" on the front cover and it shows us this book was owned by Ozu Keisō(1804-1858) who was a wealthy merchant and a book collector in Kansai region before this book was added to the Sakamaki/Hawley collection. In 1648, it was published as the first edition of Ryukyu Shintōki. It contains a doctrine and narrative of Shintō and Buddhism. It was published by a bookseller, Murakami Heirakuji which was founded by Murakami Jōtoku(the first Murakami Kanbē), a samurai of Tamba. Please refer a description of HW754 about Taichū.

(Updated on April 24, 2017)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球神道記 一・二・三/Account of the Ways of the Gods in Ryūkyū, vol. 1,2,3

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る