琉歌集 宮平殿内/Ryukyuan verse anthology, Miyahira Dunchi| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HW559/阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)

琉歌集 宮平殿内/Ryukyuan verse anthology, Miyahira Dunchi

解説(Description)

  • 日本語
  • English

私製本。節名ごとに歌詞を記述したいわゆる節組琉歌集である。裏表紙見返しから2頁目(58コマ)に「明治廿三年起/琉歌集/宮平殿内」とあり、
明治23(1890)年に作成されたことがわかる。巻末に「目録」があるが、本文の編纂の順序はこれとは異なる。多くの節組琉歌集は「かぎやで風」
から始まるのに対し、本書では「久米はんた前節」が冒頭に記載されている。
本文1頁目上部に「慶應義塾図書館印」が確認できる。これは宝玲文庫が戦時下に「敵産図書」として処分の対象となり、昭和18(1943)年に
慶応義塾大学が購入した際のものである。

Title: Ryūkashū Miyahira Dunchi (Ryukyuan verse anthology, Miyahira Dunchi).

This is a privately made, handwritten lyric book of Ryukyuan songs called fushigumi ryūkashū. Most Ryukyuan lyric books belong
to this type. On the second page from the back cover is the note "Meiji 23/Ryukyuan anthology/Miyahira Dunchi," which reveals
that it was made at Miyahira Dunchi in 1890. At the end of the book is a table of contents, but the actual order is different from
what is listed in the table. Most anthologies of this type list "Kajadifū" at the beginning, but this one starts from "Kume hantamē
bushi." During World War II, the Hawley Collection was treated as "enemy property" and was confiscated. Keio University thus
purchased the collection in 1943. The ownership stamp of "Keio University Library" at the top of the first page of the text is from
that time.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉歌集 宮平殿内/Ryukyuan verse anthology, Miyahira Dunchi

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る