琉球聘使記/Account of the Ryukyuan envoys| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HW456/阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)

琉球聘使記/Account of the Ryukyuan envoys

解説(Description)

  • 日本語
  • English

荻生徂徠『琉球聘使記』(1710年)の写本である。本文の末尾に元文3(1738)年に筆写した旨記載がある。阪巻・宝玲文庫にのみ架蔵の確認される史料である。内容は宝永7(1710)年の江戸立について琉球使節の江戸到着以降を記述している。進見の儀、奏楽の儀、辞見の儀などの様子が編年体形式で叙述されている。 本文1頁目右下に「稽古堂記」という印がある。これは儒者の亀田鶯谷(かめだおうこく、1807~1881年)の蔵書印であり、本書がかつて亀田の旧蔵書であったことを示している。

Title: Ryūkyū heishiki (Account of the Ryukyuan an envoys).

This is a copy of Ryūkyū Heishiki, written by Ogyū Sorai in 1710. At the end of the text is a note that the copy
was made in 1738. It is a rare book which can be found only in the Sakamaki/Hawley Collection. It is a record of the
Ryukyuan mission of 1710, describing chronologically, year by year (annals), from the arrival in Edo and the ceremonies
held afterward, such as shinken no gi, the opening and congratulation ceremony for the new shogun's succession.
On the first page of the text is a stamp of "Keikodōki," which is the ownership stamp of KAMEDA Ōkoku (1807-1881),
a Confucian scholar, and thus indicates that the book was formerly owned by him.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球聘使記/Account of the Ryukyuan envoys

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る