琉球人来朝記 一之二/A record of Ryukyuans visiting Japan parts 1-2| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HW446 (1)/阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)

琉球人来朝記 一之二/A record of Ryukyuans visiting Japan parts 1-2

解説(Description)

  • 日本語
  • English

作成年、制作者共に不明。5巻3冊組(「一之二」巻1冊、三巻1冊、「四・五」巻1冊)である。写本。寛延元(1748)年の琉球の江戸立
の使節(正使は具志川王子朝利)について、日本で書かれたものである。「一之二」巻は使節の名前と役職・琉球の歴史などについて、
三巻は江戸城西丸での謝恩の式典その他、「四・五」巻は琉球使節による歌舞に関する事柄について記されている。仲原善忠文庫に、
同名本の写本がある。

(2016年2月2日 更新)

Title: Ryūkyūjin raichōki (A record of Ryukyuans visiting Japan parts 1-2).

A handwritten, copied record, written in Japan, of the Ryukyuan procession to Edo of 1748 headed by Gushikawa
Ōji Chōri, the mission director. The writer and the completion date are unknown. It originally consists of five volumes,
but this copy includes all the contents in three volumes. The first volume contains a list of names and titles of Ryukyuans,
a brief history of Ryukyu, etc. The second volume is about a congratulation ceremony held in the western ring of Edo Castle.
The last volume describes musical performance by Ryukyuan envoys. There is a book with the same title in the Nakahara
Zenchū Collection.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球人来朝記 一之二/A record of Ryukyuans visiting Japan parts 1-2

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る