寛政二年八年琉球人来聘/The arrival of Ryukyuans in 1790 and 1796| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

HW442/阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)

寛政二年八年琉球人来聘/The arrival of Ryukyuans in 1790 and 1796

解説(Description)

  • 日本語
  • English

寛政2(1790)年および寛政8(1796)年の江戸立に関し、日本で編纂された記録である。
編者および成立年は不明。阪巻・宝玲文庫にのみ架蔵の確認される史料である。
前半が寛政2年、後半が同8年の記述であり、冒頭に目次が付されている。
内容は、使者および従者の姓名、献上品の一覧、奏楽の式次第、登城の際の行列順序などが記載されている。
扉題に「献英楼図書記」という印がある。これは田安徳川家第三代斉匡(なりまさ)の蔵書印と推定されている(『田藩文庫目録と研究』)。同様に題簽の「献英楼叢書」も田安徳川家の旧蔵書であることを示している。

Title: Kansei ninen hachinen Ryūkyūjin raihei (The arrival of Ryukyuans in 1790 and 1796)

A record of the Ryukyuan missions of 1790 and 1796, edited in Japan. The editor and the completion date
are unknown. It is a rare book which can be found only in the Sakamaki/Hawley Collection. The first half
is about the 1790 mission, and the latter half is about the 1796 mission. There is a table of contents
in the beginning. It includes: a list of full names of the envoys and other attendants, a list of tributes,
the program of musical performances, the order of the people in the procession going to the shogun's
castle, etc. On the title page and the title strip on the cover page is a signature including the word "Ken'eirō,"
which is supposedly an ownership stamp of Tokugawa Narimasa, the third head of the Tayasu-Tokugawa
family.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

寛政二年八年琉球人来聘/The arrival of Ryukyuans in 1790 and 1796

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る