南島雑話 四・中| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

096/伊波普猷文庫

南島雑話 四・中

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本書は、『南島雑話』の中の「南島雑話附録」の一部「二字話三字話長短雑話」の写本。内容は奄美方言の単語を読み方や意味の解説を附して列挙したものである。『南島雑話』のなかでも、奄美博物館所蔵の写本と系統を同じくするものか。『南島雑話』(國分直一・恵良宏校注、平凡社東洋文庫432)を参照。なお、『南島雑話』には複数の写本があるため、その構成や成立背景については「『南島雑話』の構成と成立背景に関する一考察」(河津.2004)を参照。

A copy of a section of the appendix of the “Miscellaneous Accounts of the Southern Islands”. Contains lists of how to read and the meanings of words of the Amami dialect. Even though it’s in the “Miscellaneous Accounts of Southern Islands”, it might be the same as the manuscripts belonging to the Amami Museum. Refer to “Accounts of the Southern Islands” (Heibonsha Toyobunko 432). Furthermore, within the “Miscellaneous Accounts of Southern Islands” there are multiple written copies, for more information on them refer to [“Nant? Zatsuwa” no k?sei to seiritsuhaikei ni kansuru ichi k?satsu] Kawazu 2004.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

南島雑話 四・中

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る