女官おさうし| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

082/伊波普猷文庫

女官おさうし

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1706~13年頃成立。首里王府の女官の名称と職掌について記し、歌謡36首を採録する。琉球王国時代の祭式と歌謡について、相互の関係を知るうえで貴重な資料、中巻は中城御殿の資料にもとづく写本。

Completed between 1706-13. It records the names and duties of court ladies in Shuri Royal Government, and contains 36 songs. A precious material for songs and rituals at the time of the Ryukyu Kingdom, as well as understanding relations; the middle part is a copy which originates from materials from Nakagusuku Udon.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

女官おさうし

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る