南山俗語一琉球詞和解一| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

081/伊波普猷文庫

南山俗語一琉球詞和解一

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本資料の副題に「琉球詞和解」とあるが、琉球語を和訳したものではなく、中国語を和訳したものである。江戸時代中期第25代薩摩藩主島津重豪(1745年~1833年)(しまづしげひで)の著した『南山俗語考』(1812年板行)から抜書したものと思われる。内容は、天文時令地理(天文・時候・気候・地理)、人品(人格・風体)、親族、身體(体の各部の名称)、器用(家具などの生活用品)で、『南山俗語考』の巻一の天部天文時令地理類、人部人品類、人部身體類、巻三の器財部寶貨器用服飾玩具類にほぼ相当する。 島津重豪は、唐通事(通訳)養成のため中国語学のテキストとして『南山俗語考』を著したが、当時薩摩藩では、領内漂着の異国船があれば、取調べのうえ長崎へ回送するきまりで、通訳の養成には、とくに意を用いた。同書は全六巻、中国清代の俗語(口語)8039語を収録している。本文の形式は単語の右側に中国音を注し、下に和訳を付している。

Not a translation of the Ryukyuan language to Japanese, but a translation of Chinese language to Japanese. It’s thought to be an extract from the “Nanzan Zokugo” (published 1812) by Shimazu Shigehide (1754-1833) who was the 25th lord of Satsuma domain in the Edo Period. The contents are astronomy, seasons, climate, geography, personality, appearance, relatives, anatomy, furniture etc, things that are used in every day life.Shimazu Shigehide wrote this as a text for studying Chinese for interpretation; at that time ships from various different countries were drifting ashore in Satsuma, and so as well as well as making inquiries about them, they would send them on to Nagasaki, and so they paid particular attention to their training as interpreters.In the book, there are 6 chapters, containing 8039 colloquial words from the Chinese Qing dynasty. The book is arranged so that on the right hand side of the vocabulary is written the Chinese pronunciation in Katakana; underneath is written the Japanese translation.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

南山俗語一琉球詞和解一

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る