古今琉歌集| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

080/伊波普猷文庫

古今琉歌集

解説(Description)

  • 日本語
  • English

琉歌集の一つ。系統を同じくする三つの刊本があるが、その一つ。富川本は1911年12月発行。編輯兼発行者富川盛睦。表題に<古今琉歌集 再版>とある。本文62丁、収載数1697。本歌集は、小橋川朝昇編『琉球大歌集』に基づき、その他数本を参考に取捨編成したもので、従来の節(曲)組を改めて、『古今集』的な、読むための編纂をした最初の琉歌集である。春・夏・秋・冬・恋・仲風・雑の部立になっている。

A collection of Ryuka. One of a collection of three. Tomikawa’s book was published in December 1911. Published and edited by Tomikawa Seiboku. The title is “A collection of Ryuka, past and present - reprint”. In this text there are 62 leaves, and 1697 Ryuka listed. This collection of songs is based largely on the “Large Collection of Ryukyuan Verses” by Kobashigawa Ch?sh?, but adopts information from many other books and so it’s the first collection of Ryuka edited for people to read traditional songs again. Split into categories of spring, summer, autumn, winter, love, miscellaneous and Nakaf?.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

古今琉歌集

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る