琉球大歌集| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

079/伊波普猷文庫

琉球大歌集

解説(Description)

  • 日本語
  • English

原本の存在は未詳である。現存する写本はこの田島利三郎筆写の抄本で「明治丗年正月二十日 随々菴主 語学材料 第拾八」とある。<稿本ニテ完結セズニ故人トナリシカ如シ、一ノ巻神歌ノ部ハ唯余白存シ三巻以下目録アルノミ也而かも二巻ノ終ニ吾歌ヲ載セテ略々完結ノ意ヲ示セリ(これは原稿であり、完結しないうちに編者の小橋川が亡くなってしまったようだ。1巻の神歌の部は余白を残し、3巻以下は目録があるだけである。そして2巻の終りには小橋川の歌を載せ、ほぼ完結の意をしめしている)>という田島の記述がある。<大歌集目録>(巻7より構成)や凡例などから、小橋川が、神歌・琉歌・組踊・念仏歌・木遣りなどを総合的に編纂する意図があったが未完で終わったことをほぼ推察できる。本文は、前半が歌うための節(曲)組によるもの、後半が<雅頌><古跡><狂歌>などに分けられ、作者別になっている。総数514首。琉歌集は節組を中心にしたものが殆どであるが、読むための琉歌を意識的に編纂した点では先駆的なものである。

Unknown whether the original book is still in existence. The existing copy is an excerpt from a copy made by Tajima Risabur?. “This is a manuscript which the editor Kobashigawa seems to have died before it was completed. After the third chapter there are only lists, and in the section about Kamiuta he has left the margins. At the end of the second chapter is Kobashigawa’s song, mostly it seems as though he intended to complete it” Tajima described.From the “Large Collection of Ryukyuan Verses” and explanatory notes it seems that Kobashigawa had intended to finish editing the Kamiuta, Ryuka, Kumiodori, Nenbutsuka, and Kiyariuta (workmen’s chants), but the places left unfinished can be surmised.The first half of the text is divided by the melody; the second half is split contents. There are 514 songs in total. It's the first of its kind to be compiled in order to be read, rather than just played.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球大歌集

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る