宮古島の歌 上| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

078/伊波普猷文庫

宮古島の歌 上

解説(Description)

  • 日本語
  • English

田島利三郎が収集した宮古島の歌謡集。『宮古島之歌上』『宮古島之歌下』の二分冊である。上巻22首、下巻125首の合計147首の歌謡と下巻にマジナイ1篇が収載されている。また、下巻には八重山の歌謡11首(うち1首歌名のみ)が含まれている。田島自身の記述から明治30年1月末頃から30日間宮古島に滞在したことが明らかで、その際の調査ノートと考えられる。早い時期に多くの歌謡を採集した貴重なものであると同時に、細かな注記が記載されているという点でも非常に価値が高い。また、宮古方言特有の音価を「わ゛」「り゜」「ぎ゜」などで表した表記も先駆的業績として評価できる。田島が採集したもの以外に、旧記類や他の資料から書写されたものもある。伊波普猷、柳田国男、ニコライ・A・ネフスキーなどの研究者が参照しており、宮古歌謡の研究に大きな影響を与えた。『宮古島の歌』の成立と構成については諸見菜々「田島利三郎『宮古島の歌』の研究」(『琉球アジア社会文化研究』第8号 2005年琉球アジア社会文化研究会)参照。『宮古諸島における儀礼歌謡の収集・研究とデータベース化』(基盤研究(B)研究成果報告書 平成16~19年度 代表者玉城政美)において本文の翻刻・紹介がなされている。

A collection of songs from Miyako compiled by Tajima Risabur?. It’s split into two books. There are 22 songs in the first book, and 125 in the second, a total of 147, and a one incantation recorded. Also, in the second book there are 11 songs from Yaeyama included. From Tajima’s descriptions, it’s thought that this is a research notebook of his, when he stayed on Miyako from the end of January 1987 for 30 days.As well as the fact that it’s precious for having many songs recorded in a short period of time, because of the detailed annotations written on it, it’s very valuable. It’s also valuable as it’s the first contribution to show the characteristics of the Miyako dialect, such as 「わ゛」「り゜」「ぎ゜」.Other than Tajima’s compilation, there are copies of old chronicles and various other materials. Iha Fuyu, Yanigida Kunio and Nikolai A. Nevskii refer to this book, and it has had great effects on the research of songs of Miyako.There are various explanations for the existance and organisation of “Songs of Miyako Island”, see “Tajima Risabur? [Miyakojima no uta] no kenky?” ([Ryukyu Ajia shakai bunka kenky?] No. 8 2005 nen ryukyu ajia shakai bunka kenkyukai Moromi Nana) or “Miyako shojima ni okeru girei kay? no sh?sh?・kenky? to d?t?b?suka” (kiban kenkyu (B) kenkyu seika h?kokusho 2004~2007 nendo daihy?sha Tamagusuku Masami).

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

宮古島の歌 上

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る