琉歌集 -琉歌百控乾柔節流| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

073/伊波普猷文庫

琉歌集 -琉歌百控乾柔節流

解説(Description)

  • 日本語
  • English

初頁に「此の歌集ハ友人恩河朝祐君の公務を帯ひて伊平屋島に出張せし折に同島の某家所蔵の古本より寫して特に予に贈りたるものなり 仲吉朝助記(この歌集は友人の恩河朝祐君が公用にて伊平屋島に出張したときに同島の某家の所蔵の古本から写して私に贈ってくれたものである)」とあり、最終頁に「大清乾隆六十年乙卯正月十日 撰寫より書 壬子 旧六月十五日 寫之」とある。おそらく大正元年(1912)の筆写であろう。またそれに続く朱書から、大正14年3月10日に伊波普猷に贈られたことがわかる。

On the first page of the book is written “This collection of prose was given to me by Onga Ch?y?, he copied it from an old book on the Island of Iheya when he went there on official business.” On the last page of the book is written, “60th year of Qian-long, Qing Dynasty, January 10th. Transcription, Mizunoene (year of the rat), 15th day of the 6th month of the old calendar.” It was probably copied in 1912. Also, from what is written in red after that, we know that it was given to Iha Fuyu on 10th March 1925.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉歌集 -琉歌百控乾柔節流

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る