琉歌集 春の部| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

072/伊波普猷文庫

琉歌集 春の部

解説(Description)

  • 日本語
  • English

「春の部」琉歌を、春の部・夏の部・秋の部・冬の部・恋の部・雑の部の六つの部立に分けた部立による琉歌集で、1080首の琉歌を収録している。仲風と節名が記されている琉歌が採られていないが、『古今琉歌集』と部立や歌の配列がほぼ同じである。歌集の冒頭に「節組より追入」とあり、『古今琉歌集』編纂の際に作成されたものと思われる。

“Spring”1080 songs recorded, split into Spring, Summer, Autumn, Winter, Love and Miscellaneous sections. There are no Ryuka recorded with Nakaf? and section-name, but the organisation is mostly the same as in “Collection of Ryukyuan Verses, Now and Past”. At the beginning of the collection is written “Fushigumi yori oi'ire”; it is thought that it was produced at the time when “Collection of Ryukyuan Verses, Now and Past” was being written.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉歌集 春の部

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る