くゑな集真境名朝賢写| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

056/伊波普猷文庫

くゑな集真境名朝賢写

解説(Description)

  • 日本語
  • English

沖縄本島及び周辺離島で歌われた儀礼歌謡の歌詞を集めたもの。建築祝い、旅の祝い、国王の東方巡幸、聞得大君の御新下りなどの 儀礼の際に歌われた歌謡が、全部で17首収められている。表紙には「くゑな集」とのみあるが、クェーナだけでなくウムイやウスデーク歌も集録 されている。明治32年に恩河朝祐によって編纂された『クワイナ・ヤラシイ・オモヒ集』(石垣市喜舎場孫正氏蔵)から書写されたものと思われるが、 書写年及び書写者は不明である。

A collection of ceremonial songs sung on the mainland of Okinawa and the surrounding islands. These were songs sung for blessing new houses, blessing a journey, and at ceremonies for Imperial tours to the east, and appointment of a new chief priestess. In total there are 17 songs.On the front cover is written “Kw?na”, but Umui and Usud?ku are also recorded. It’s thought that it’s transcribed from “Collection of Kw?na, Yarashii and Omoro” compiled by Onga Ch?y? in 1899 (32nd year of Meiji) but it’s unknown when or by whom it was transcribed.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

くゑな集真境名朝賢写

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る