戊申琉歌会| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

049/伊波普猷文庫

戊申琉歌会

解説(Description)

  • 日本語
  • English

明治期の沖縄で結成された琉歌結社の一つ。戊申琉歌会の歌集である。戊申琉歌会は明治41年に結成。選者・点者は上江洲由具。構成員には大城盛長、嘉手納憑行、仲本政禮等がいた。戊申琉歌会は、明治42年から45年『琉球新報』や『沖縄毎日新聞』の新聞に歌を掲載した。本書は戊申琉歌会の歌会の記録や、運営の状況が分かる会計簿などが収められており、明治期に隆盛した琉歌結社の活動状況を示す貴重な資料である。 近代沖縄における琉歌結社については、「近代琉歌の基礎的研究」(仲程昌徳・前城淳子 1999年 勉誠出版)参照

One of the Ryuka Societies formed in the Meiji Era in Okinawa. A collection of Ryuka by the Boshin Ryuka Kai. The Boshin Ryuka Kai was established in 1908. The judge/critic was Uezu Yoshitomo. Amongst the members were ?shiro Seicho、Kadena Hyoko、Nakamoto Seirei. The Boshin Ryuka Kai published Ryuka in the “Ryukyu Shimp?” and “Okinawa Mainichi Shimbun” from 1909 to 1912. This text contains a collection of Ryuka from the Boshin Ryuka Kai, and includes the account books showing the state of affairs of the management. It’s a valuable resource for showing the situation of Ryuka Societies which prospered in the Meiji Era.For information about the Ryuka Society in the present day, refer to Kindai Ryuka no kisoteteki kenkyu (Nakahodo Masanori - Maeshiro Junko 1999, Benseishuppan.)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

戊申琉歌会

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る