おもろさうし 十、十一、十二| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

045(4)/伊波普猷文庫

おもろさうし 十、十一、十二

解説(Description)

  • 日本語
  • English

奄美・沖縄諸島に伝えられた儀礼歌謡「オモロ」を集めた歌謡集。首里王府が編纂し、1531(嘉靖10)年から1623(天啓3)年の間に成立。全22巻、1554首のオモロを収める。1710年に再編された際に二部作成され、尚家とおもろ主取家である安仁屋家に伝えられたため、尚家本と安仁屋本系統とに別れる。仲吉本は仲吉朝助が所有していた安仁屋本系統の写本である。第四冊には、巻十「ありきゑとのおもろ御さうし」、巻十一「首里ゑとのおもろ御さうし」、巻十二「いろいろのあすひおもろ御さうし」が収められている。

A collection of ritual songs called Omoro, from various islands of Amami and Okinawa. Compiled by the Shuri Royal government, it was established between 1531 and 1623. In total there are 22 volumes, containing 1554 Omoro songs. When it was re-edited in 1710, two copies were made and each copy was passed on to the Sho family and the Aniya family. So they were called the Shoke-bon (the collection stored in Sho family) and the Aniya-bon. The Nakayoshi-bon is a transcription of the Aniya-bon that was owned by Nakayoshi Chojo.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

おもろさうし 十、十一、十二

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る