工工四 原本 屋嘉比朝寄| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

044/伊波普猷文庫

工工四 原本 屋嘉比朝寄

解説(Description)

  • 日本語
  • English

屋嘉比朝寄(1716~1775)が編んだ琉球古典音楽の楽譜。117曲を収録。屋嘉比は中国の楽譜を参考に三線の記譜法(工工四)を考案し、それまで口承で伝えられてきた琉球音楽を集成した。本書はその原本。三味線の旋律符号を列記したそばに、歌詞をカタカナで付記し、三味線を伴奏にして弾き歌いできるような方法がとられている。<書き流し工工四>とも言われる。真境名安興から伊波普猷に渡り、本附属図書館に収められた。

Music from the “Ryukyu Koten Kyoku Ongaku” (Old Book of Ryukyuan Music), compiled by Yakabi Ch?shi (1716-1775). It contains 117 songs. He consulted Chinese music scores and devised the musical notation (kunkunshi) for the Sanshin, and gathered all the Ryukyuan music that had until then been passed down through word of mouth.The text is the original text. Next to the notation for the samisen’s melody, are written the lyrics in Katakana, so that the player can sing and accompany at the same time. It is also called “kakinagashi kunkunshi”. It was passed down from Makijina Anko to Iha Fuyu, and is now kept in the main library.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

工工四 原本 屋嘉比朝寄

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る