沖縄県下各町村字並屋取調| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

041/伊波普猷文庫

沖縄県下各町村字並屋取調

解説(Description)

  • 日本語
  • English

大正14年(1925)に県下学校の校長・教員が沖縄県庁学務課の島袋源一郎宛に提出した報告の綴り。各町村の字(旧村)と屋取(方言でヤードゥイ)を一覧できる報告書の体裁をとる。屋取は都市にいた士族が農村に移住して形成した居住地のこと。

Findings given to Shimabukuro Genichir? who worked for the School Affairs Division, by the headmaster and teachers of the Prefectural School in 1925. Set out in such a format so that an overview of the Y?dui and Aza could be easily seen.Y?dui are the addresses of the families who were from privileged families, but who had moved to agricultural villages due to economic circumstances.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

沖縄県下各町村字並屋取調

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る