渡琉日記 操坦晋著写本| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

027/伊波普猷文庫

渡琉日記 操坦晋著写本

解説(Description)

  • 日本語
  • English

記主はノ葉(へつよう)、後に操坦晋(みさおたんしん)。「戌(いぬ)の御冠船」と呼ばれる尚育王冊封(1838年)に関連して、沖永良部島へ割り当てられた上納物(鶏27羽、玉子652個、豚84疋)を運搬してきた際の旅日記である。ノ葉(1800~1861)らは同年閏4月5日に出港したものの、海上で遭難によって豚を投棄したため、その分を代銭で上納した。那覇滞在中は、中国人の林増高および豊見城按司らの宴会に同席して漢詩の添削を受けたり、和歌・琉歌の詩作をやり取りする宴会に赴くなど盛んに琉球役人と交流していた。また中国人医師に実母の治療法の手ほどきを要請したり、崇元寺での諭祭礼を見物した後、6月29日に帰路につき、7月12日に帰島した。冊封使節一行との交流のあり方、ノ葉ら沖永良部役人らの教養の高さを示すものとしても他に見られない重要な日記である。

Main author, Hetsuy?, afterwards Misao Tanshin. Diary of a trip where they carried payments up to the government from Okinoerabu Island for King Sho Iku’s appointment, called “Inu no Okansen”.Even though Hetsuy? (1800-1861) and his company departed on the 5th of April the same year, because of an accident at sea, they abandoned the pigs and found another payment instead. Whilst staying in Naha, they attended banquets with the Chinese Rin Zeng-Gao and the Anji Tomigusuku, and there they learnt to write Chinese poetry, and through their exchange with the Ryukyuan officials the banquet progressed onto the composition and exchange of Ryuka. Also having learnt the basics of Chinese medicine and observing rites and ceremonies at S?genji, on the 29th of June they started to make their way back, and on the 12th of July returned home. It’s an important diary which can’t be seen anywhere else, showing the extent of the education of Hetsuy? and the officials of Okinoerabu Island, and how the exchange of investiture parties should take place.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

渡琉日記 操坦晋著写本

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る