玉城朝薫家譜抄真境名安與写| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

026/伊波普猷文庫

玉城朝薫家譜抄真境名安與写

解説(Description)

  • 日本語
  • English

明治41年(1908)9月26日に真境名安興(まじきなあんこう)が筆写した玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)の家譜の記録である。表紙には真境名のペンネームである笑古(しょうこ)の記述がみられる。向氏(しょううじ)辺土名家の六世朝智(ちょうち)から十八世までの世系図、本文には朝薫の記事を記載している。組踊の創始者として有名な朝薫であるが、家譜の記録からは、王府の様々な要職を歴任し、御物奉行(おものぶぎょう)職にまで昇進していることがわかり、行政官としても活躍していた人物であったことを窺わせる。

Records of the genealogy of Tamagusuku Ch?kun, copied by Majikina Ank? on September 26th 1908. On the front cover is Makijina Ank?’s penname, Sh?ko.Gives the details of the family tree of the Hentona family from Sh? Uji, from the 6th generation, Ch?chi, up until the 18th generation. In the main text are accounts from Ch?kun.Ch?kun is famous as the creator of Kumiodori, but from his genealogy it is understood that he had successive jobs in important offices in the Royal Government, and was promoted up to Omono Bugy?, and so it’s gathered from this that he was actively involved as an administrative official.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

玉城朝薫家譜抄真境名安與写

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る