玉城朝薫家譜・抜粋島袋源一郎写| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

025/伊波普猷文庫

玉城朝薫家譜・抜粋島袋源一郎写

解説(Description)

  • 日本語
  • English

向氏(しょううじ)六世朝智(ちょうち)を元祖とする向姓(しょうせい)家譜(辺土家)の抜き書きである。表紙には、島袋源一郎(しまぶくろげんいちろう)が那覇市在住の辺土名(へんとな)氏所蔵の家譜を筆写したことが記されている。六世朝智(ちょうち)から十二世朝義(ちょうぎ)までの世系図と、本文には六世朝智・七世朝了(ちょうりょう)・七世朝彌(ちょうび)・八世朝恩(ちょうおん)・九世朝致(ちょうち)・十世朝薫(ちょうくん)の記録がある。朝薫の記録は、『那覇市史 資料篇第1巻7 家譜資料(3)首里系』に収録された記事とほぼ同様の内容であるが、後欠となっている。それ以外の人物の記録は、役職等が略記されている。

An extract of the Sh? Family genealogy (Hentona), started by Ch?chi, 6th generation of the Sh? Uji family. On the front cover it's written that Shimabukuro Genichir? copied the genealogy which was in possession of the Hentona family, in Naha City. Contains the genealogy from Ch?chi (6th generation) to Ch?gi (12th generation), in the text are the records of Ch?chi (6th generation), Ch?ry? (7th generation), Ch?bi (7th generation), Ch?’on (8th generation), Ch?chi (9th generation), Ch?kun (10th generation).Ch?kun’s records are mostly the same as those recorded in “The History of Naha City, Volume 1, Chapter 7” but are lacking the end. As for the records of people, their official positions are abbreviated.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

玉城朝薫家譜・抜粋島袋源一郎写

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る