中山王府相卿伝職年譜 向祐等著写本| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

024/伊波普猷文庫

中山王府相卿伝職年譜 向祐等著写本

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本書は琉球王国歴代の国相(こくしょう)と法司(ほうし)の名前や任職期間などを記した『中山王府相卿伝職年譜』の写本。国相とは琉球の官職で言うところの摂政(せっせい)であり、法司とは三司官(さんしかん)に当る。最初の編纂が行われたのは康熙54年(1715年)で、以後順次書き継がれていったものと思われる。国相・法司、どちらも古琉球から近世琉球の尚泰(しょうたい)までに就任した歴代の人物の名前が見える。

A manuscript of “Genealogy of the Chuzan Government” recording the names and length of ordination of the H?shi and Kokush? throughout the history of the Ryukyu Kingdom. Kokush? is similar to the Chief Councillor of the Ryukyu government service; H?shi is similar to the Sanshikan administrative officials. The first compilation was made in the year 1715; afterwards, it’s thought that it was written from there in sequential order. The names of the people inaugurated as Kokush? and H?shi from ancient Ryukyu up until King Sh? Tai of modern history can be seen.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

中山王府相卿伝職年譜 向祐等著写本

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る